メインイメージ

マカを使ってみたいけど、適量はどの位?

もともとマカは、ペルー・アンデス地方の食用植物ですので、摂取の適量はありません。
ただ、製造会社が目安量を設定していて、一日1500mg ~4000mgくらいとしている製品が多く、カプセルなどは「一日○~△粒」という記載もあります。

ペルーのマカは保護のため輸出制限していますし、日本で栽培されているものも、多くはそのままサプリの原料となりますので、生野菜で食べる機会はあまりありません。
顆粒や粒、カプセルなどに加工された形でいただくことになります。

服用量ですが、まずは焦らず、ゆっくりと少なめの量から始めて下さい。
変化があるかどうか見ながら、増やしたり減らしたり、場合によっては、飲むのを止めたりすることをおすすめします。
薬品ではないので、マカが患部に直接効いて症状をすぐに改善、することはあまり期待できません。
少なくとも数カ月単位で、気付けばこう変わっていた、ここが辛かったのに解消していた、というのが、よく見られるマカ効果のあらわれ方になります。

ただし、多くはないものの、中には摂取後に何らかの副作用が見られることがあります。
生理不順、腎臓病や子宮筋腫の悪化、下痢、などです。
この場合はすぐに飲むのを止めて、医師などにご相談ください。

また、効果が見られないと摂取量をどんどん増やしたくなる方もいると思います。
多くの場合、例えば目安量の10倍摂取しても害にはなりにくいのですが、過剰摂取は危険な大食いと一緒ですので、止めておくのが無難です。
加えて、いくら大量に摂っても、身体が吸収できる量はある程度決まっていますので、体外にそのまま排出される分はもったいないことになります。

そして、過剰摂取でもう一つ心配なのが、マカ以外に入っている成分です。
単独のサプリではない場合、その他の成分も大量に摂取されることで、マイナス効果が出ることも考えられます。
含有成分は、マカサプリを購入される際にも気を付けたい事です。

繰り返しますが、ゆっくりとじっくりと、分量も効果も見極めてマカの力をお試しください。


トップに戻る