メインイメージ

マカで更年期障害を改善しましょう

更年期障害は女性だけではなく、男性にも起こります。
のぼせや、火照り、感情的にイライラしてしまうこともあるでしょう。
また眠りが浅くなってしまうため、寝不足状態が続いてしまったり、頭痛や肩コリ、便秘や下痢などの症状に悩まされることも多くあります。

特に女性の更年期障害は男性に比べると症状が重い傾向があります。
女性ホルモンの分泌量は30歳を過ぎたあたりから徐々に低下をしていき、40歳から50才にかけて、急激にホルモン量が低下していきます。
そのためこの時期はホルモン量の低下によって、更年期症状が起こり易い時期でもあるのです。
また症状は個人差も大きく、少しの体調不良で済む方もいれば、日常生活を送るのも辛いという場合もあります。

マカにはこうした更年期症状を改善してくれる効果があることが、最近の研究によって判ってきました。
マカには、アミノ酸を初め様々な栄養成分が含まれています。
どれも人の体内に必要な成分であり、マカを服用することによって、体内に必要な栄養素を摂取することが可能です。
こうしたマカの栄養成分と、マカ特有のアルカロイド類の相乗効果によって、脳下垂体及び下床下部を刺激します。
これによって生殖機能や甲状腺、膵臓ホルモンの分泌を促進し、内分泌系のホルモンや臓器のバランスがよくなるため、更年期の症状を改善することが出来るのです。
マカの服用期間は短期間ではなく、長期間続けて行くことによって、ホルモンバランスを整え、体調を改善させていくことが出来ます。
更年期の時期が始まるよりも前から、マカを服用するとよいでしょう。


トップに戻る