メインイメージ

マカは子宮筋腫に悪い影響があるの?

生理不順や冷え性の改善など、女性にとってもうれしい効果・効能が知られているマカですが、子宮筋腫がある場合の摂取には注意が必要です。
ホルモンバランスを整える働きで注目の、女性ホルモン・エストロゲンをより活性化する成分が、筋腫を肥大させる可能性があります。

結論として、子宮筋腫の治療を受けている間の摂取は、慎重に検討してから決めて下さい。
マカの効果効能は広いのですが、一方でマイナス面も知っておくことも必要です。
その一つに、子宮内にできた筋腫が大きくなってしまうことが挙げられます。
これはマカに含まれているエストロゲンに、筋腫の成長を進めてしまう働きがあるからです。
エストロゲンは女性ホルモンの一つですが、単純に増えればよい、というものではありません。
もし、マカを摂取したことで、家族のどなたかの健康回復に大きな効果が見られたとしても、ご自分も一緒に使いたいという場合には、医師などに相談することをおすすめします。

男性の精力増強効果が強調されることも多いマカは、妊活中のご夫婦などにもおなじみです。
ホルモンバランスの乱れが多かれ少なかれ不妊に関係していますので、マカの摂取で待望の妊娠に繋がったようだ、という話もよく聞かれます。
男女ともに利用できるマカのホルモンバランスの正常化効果が大きな人気になるのも十分に納得できます。
しかし、含有されている女性ホルモンを活発化する成分が逆に子宮筋腫には良くない影響を与えるようです。

残念ながら、子宮筋腫の原因についてはまだはっきりとはわかっていません。
ただし、生殖器である子宮の平滑筋にできた腫瘍が、女性ホルモン・エストロゲンの働きによって次第に大きくなっていくことは間違いないようです。
マカを摂取することでエストロゲンが活発に働けば、より大きく腫瘍が育つことも十分に考えられます。

もともとアンデスの高地で作られていたマカは、食用植物です。
化学的に作られた医薬品などと比べれば、副作用は少ないといえますが、まったくないわけではありません。
体質的に合わないという方もいますし、持病の治療のために飲んでいる調剤薬とマカの相性が悪いこともあります。

マカを摂取する際には、自分の体質・体調に合っているか、まずは少量で試して確かめてみてはいかがでしょうか。



トップに戻る