メインイメージ

マカがつらい肩こり解消に効果がある理由とは

肩こりは年齢や性別に関係なく日本人の「国民病」と言ってもよいほどに非常に多くの人が悩まされている困った症状です。
欧米人に比べて筋肉量が少ないうえに頭のサイズが大きいアジア人は、本質的に肩こりになりやすいのです。
そのうえ長時間のパソコンやタブレット、スマホの使用によってますます肩こりになりやすい環境にもなっています。

マカは滋養強壮や男性の活力の元として男性向けのサプリメントのイメージがありますが、実は肩こり改善にとても効果があるのです。
新陳代謝を促して血行を良くする、血液量をアップするなどのうれしい効果が期待できる栄養素が含まれているからです。
マカに含まれる栄養分の主なものは亜鉛やカリウムといったミネラル、ビタミンB12、ビタミンE、必須アミノ酸、サポニンなどです。
アミノ酸や亜鉛は代謝をアップして活力のもととなりますし、ビタミンEが抗酸化作用をもちますので血管をはじめ細胞の老化を防いで、血流を良くする作用が期待できます。
カリウムは神経系統や筋肉の調整作用をもち、筋肉が凝り固まりにくくしてくれます。
また、肩こりの原因に目の酷使からくる眼精疲労も一因となりますが、眼精疲労に効果があるといわれている「アントシアニン」もマカには含まれています。

このように、血流をよくする、筋肉が凝り固まりにくくするといった作用をもつ栄養素を含んでいるため「マカが肩こりによい」といわれる理由です。
マカを毎日続けることでしつこい肩コリも軽減することができるのです。


トップに戻る