メインイメージ

マカは、やはりペルー産がいい? 日本産は?

南米ペルーの高地・アンデス地方から紹介され、アメリカやヨーロッパでも人気のあるマカは、当地では3千年前には栽培作物となっていました。
現在は、日本国内や中国でも栽培されていますが、主な産地としては今もアンデスのフニン県・ボンボン高原が知られています。

生産量も多く、栄養成分もしっかりしていますので、本場・ボンボン高原のマカが一番良いことは間違いないようです。
ただし、ペルー産でも低地で作られていて有効な栄養成分が少ないものや、化学肥料が使用されているものもありますので、その点には注意してください。

そして、日本でも中国でも、4千メートル以上の標高で酸性の土壌、一日の寒暖差など、ペルーの高地と同じ環境で育てることは難しい現実があります。
そのため、生産地ごとにマカに含まれる栄養分も違います。
日本についていえば、そもそも4千メートル以上の場所は存在しませんので、土壌改良など試行錯誤を経て、一般的な農地で生産できるようになっています。
残念ながら有効成分はアンデス産より少なめです。現在、福島県や京都府、福井県、大分県などでは有機農法で栽培されていますが、生産量は多くはなく、貴重な国産マカです。

しかし、日本産は管理がしっかりしているだろうから安心できる、という面もあるかもしれません。
また、国産では無くても現地での生産管理がしっかりしていて、化学肥料を使用しない環境で育てている、とはっきりしていれば安心です。
マカサプリ製造販売会社では、使用原材料についてHPなどで詳しく説明していることも多いので、購入前に一度確かめてみることをおすすめします。
有機栽培で作られ、国内でマカの最終加工を行っているかどうかなどもチェックポイントになります。

今後は、日本でもほかの国でも、マカの栽培は広がっていく可能性があります。
それぞれの土地に合った品種、栄養成分や効果効能に関する研究も進むことで、さらに良い製品が作られることにもつながるでしょう。

巨大なマカのオブジェも聳え立っているボンボン高原は、まだまだ生産地の王者の座から降りる気配はないようです。

トップに戻る