手前板前: 浅漬けの作り方



浅漬けの作り方 | 即席漬け

漬け物のポイントは塩加減と発酵。
塩分によって野菜を腐らせることなく「なれ」させて旨みを引き出します。
ですから漬け物が出来るまでには最低数日の時間を要します。

それゆえに漬け物作りは「面倒なもの」と敬遠されがち。
でも、『浅漬け』ならばわずか数時間で作れます。




浅漬けを素早く美味しく作るには「ポリ袋」を使うのがベスト。
プスチック・ホーロー・陶器など様々な簡易漬物器が市販されてますけども、それらは必要ありません。ポリ袋だけで浅漬は出来ます。

ポリ袋は破けたりしない厚手のものが良いです。

画像元・即席漬用ポリ袋


浅漬けにする野菜は何でもかまいません。
余った野菜や冷蔵庫に寝ている野菜を使えばいいのです。
切り方は歯ごたえを残し浸透しやすい「乱切り」がよいと思います。
少々固めの野菜は薄切りがよいでしょう。
キャベツなど葉物はざく切りに。



まず最初に漬け汁を作っておきましょう。

1・5%前後の塩水(立て塩)に、昆布を一片加えて煮立てる。
これを冷ましておきます。
(水1リットルに塩大さじ1くらいです)



@

一つかみの塩を、切った野菜にまぶして5〜6分放置

しんなりした野菜を一度揉んでポリ袋へ

空気を抜くようにしながら口を閉じます

袋をバットにおき水を張った鍋などの容器(約1s)を重石にのせる

そのまま30〜40分おきます


A

鍋に湯を沸かし、沸騰したら差し水をして温度を下げる

そこに@の野菜を袋から出して入れる

入れたと同時にザルに鍋ごとあける

そのまま氷水に入れて熱を取る(数秒でよい)

ザルにあげてしばらく水切りしておく

ボールに移し漬け汁をかぶるくらい加える

それをポリ袋へ移し入れ、口を閉じる

再び重石をして30分



これで即席漬の出来上がりです。
つまり1時間ほどで作れるんですよ。

ただし保存には向きません。
すぐにすっぱくなるので、食べきる量だけ作りましょう。
漬け汁は再利用でき、何度でも使えます。



もみ漬け
浅漬の手法のひとつにもみ漬けがあります。
胡瓜や茄子などを手で揉んで塩をこすりつけ、酢、みりん、醤油で作った調味液に漬ける方法。
青じそ・みょうが・しょうがも加えると風味よくなります。


即席漬け





前のページに戻る
和食の基本料理TOP