手前板前: ハッカクのさばき方



ハッカク

八角ってのは、筒切りにしたら身の形が八角形をしてるからなんていいまして通り名。本当の名前は『得鰭』(トクビレ)
トクビレ科の魚で別名にワカマツとかヘサチがあります。
小樽の寿司屋が使いはじめて、それから全国に広まったって魚です。
食感はコチに似てますね。美味い白身って事です。コチより脂がのってる感じ。


こいつはマゴチ。なかなかですよ。夏魚ですが。カワハギ、フグ系統の白身ですが、もしかしたらこっちのが味は上かもしれませんってぇくらいです。
 

これはホウボウ、ハッカクとよく似てます。これも美味い白身。
 


ハッカクのさばき方

鋭い棘に気をつけながらエラを出し頭を落とします。
内臓に注意して腹を割きワタを出して水洗い。
 

 

 

あとはほとんどホウボウのさばき方と同じですのでご参照ください。


ハッカクの皮は手むきに


この魚の表面にはトゲトゲがあるんで、卸すと皮が剥き難い。それでその前に皮をむいてしまいます。三枚おろしと同じところに「浅い」切り込みを入れ、手で剥きます。


北海道じゃ、鮭と同じく凍らせて刺身にする『ルイベ』でもよく食べるみたいですね。
焼き物、揚げ物、煮物も結構ですが、刺身の旨い魚です。



TOP>和食のコツ>和食材と料理>珍しい魚>ハッカク/トビクレ