手前板前:扇(末広)茄子



ナスの末広切り

天ぷらに煮物に、色々使える扇(末広)切りです。 竹の子でもよくやる切り方ですね。
末広は縁起のよい形ですので、 正月の竹の子煮物などにもよいでしょう。


ナスにしろ筍にしろ、
細いほうを上にして幅広い部分を下に向けて置きます。
素材の形を生かした切り方という訳です。
ですが結局スカートを広げますので、角柱や円柱からも可能です。
キュウリや人参他でもできるのです。


やり方は上部を5ミリ〜1センチ残して薄切りにしていくだけです。
そのまま包丁して切り分けても、
 

あらかじめ角柱や円筒を半分または4等分にしてからでもいいです。


切り終えたら切り口を軽く押えて広げます。



小さめの茄子は丸ごと切って煮浸しなどに。





TOP>和食のコツ>剥き方・切り方>基本の剥き方・切り方